尿酸“知”コンテンツ

おすすめレシピ

プリン体の性質や量の違いを考えたレシピをご紹介しています。

旬の食材を使ったおすすめレシピをご紹介しています。

日本痛風・尿酸核酸学会 理事長

金子 希代子 先生

尿酸値が気になる患者さんにとって、食事のプリン体を減らすことはとても大切です。しかし、それが“食べたいものを我慢する”だけになってしまっては、負担が大きく、長続きしません。ここでご紹介しているレシピは、日々の診療のなかで、ただ目標の数値をお伝えするのではなく、もっと患者さんに寄り添った指導ができないかという想いから生まれたものです。“食事療法”と難しく考えず、「こうするといいですよ」のように、コミュニケーションのきっかけとしてお役立てください。​

株式会社フォーラル 管理栄養士

孰賀 佳冬 先生

プリン体が気になるからといって、「あれもダメ、これもダメ・・・・・・ 」では、食事の楽しみがなくなってしまいます。ですが、食材の置き換えや、調理方法のちょっとした工夫でも、プリン体を減らすことはできるのです。このレシピを通じて、やみくもに避けるのではなく、「こうすれば安心!」と前向きな姿勢で取り組むためのヒントをご提供できればと考えています。身近な食材を活かすことや、季節感を意識すること、簡単に作れることなどにもこだわりました。ぜひお試しください。​