高尿酸血症とは

尿酸値6.0mg/dL以下を
目指した治療へ

トピロリック®錠 使用成績調査の結果(54週時報告)

リアルワールドにおける使用成績調査において、血清尿酸値6.0mg/dL以下の達成率は44.55%でした1)。 患者さんの血清尿酸値コントロールに応じた服薬指導をお願いいたします。

トピロリック®使用成績調査54週時報告編

関連コンテンツのご紹介

血清尿酸値7.0mg/dL以下であっても、血清尿酸値の上昇とともに生活習慣病のリスクは高まります2)。また痛風治療の目標は、関節などに沈着している尿酸塩結晶の融解、消失であり、尿酸の体液中での溶解限界と考えられている6.4mg/dLよりも低い6.0mg/dL以下に血清尿酸値を維持することが重要であるとされています2)。生活習慣病や痛風発作の再発予防のためにもより良いコントロールを目指すため、下記の患者用資材をご活用ください。

  • 1)第8回安全性定期報告
  • 2)日本痛風・尿酸核酸学会 ガイドライン改訂委員会 編: 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第3版 診断と治療社: 73,114,2018