しいNEXT Generation

若手医師紹介

日本痛風・尿酸核酸学会において、2021年5月に新たに発足した「若手委員会」のメンバーを順次紹介します。

ご挨拶

「日本痛風・尿酸核酸学会」は1977年に「尿酸研究会」として発足し、今年で43年を迎える伝統ある学会です。痛風・高尿酸血症および関連疾患の治療や予防だけでなく、原因となる遺伝子や尿酸トランスポーターなどの基礎研究も活発に行われています。毎年2月に開催される学会総会では、臨床または基礎研究を行っている研究者が一同に会して議論することにより、高い研究レベルを維持し、本分野において日本をリードする存在となっています。

国民生活基礎調査によると、痛風で通院した患者は2019年に125.4万人で2016年から15万人増加、1998年からでは平均して3年で10万人ずつ増加しています。高尿酸血症の患者数は痛風の約10倍と推計されるため、1,000万人を超えると考えられ、これは成人男性の4~5人に1人の割合です。高尿酸血症の頻度は米国、英国、台湾などと同程度ですが、日本では痛風の頻度とその重症度が低く、痛風の予防と高尿酸血症の治療が適切に行われていることが示されています。その中心的役割を本学会が果たしており、なかでも学会における若手の研究者は将来を担う頼もしい人材です。

2020年10月には「循環器病対策推進基本計画」が閣議決定され、脳卒中、心臓病などの循環器病に至る生活習慣病として、高血圧症、脂質異常症、糖尿病、慢性腎臓病と並んで、高尿酸血症が記載されました。血清尿酸値は循環器病に至る生活習慣病の第4のリスクマーカーであると考えられ、循環器病と尿酸に関する若手研究者の研究も注目されています。

このような背景のもと、本学会では2021年5月に新たな組織として「若手委員会」を発足しました。若手による研究を通じて、学会の活性化を図ることを目的としています。本コーナーでは「若手委員会」のメンバーを順次紹介します。まずは各先生方の人となりを知っていただき、今後の研究を通して、尿酸、痛風、プリン代謝に関連する分野がさらに発展することをご期待ください。

チェロに没頭した医学部6年間

医師になろうと思ったのは、高校3年生の秋のことです。脳外科医の叔父が学会参加の折、私の家に立ち寄り、医師の仕事についてさまざまな話をしてくれたことがきっかけです。私は4歳からピアノに親しみ、「将来は音楽関係の仕事でも」と考えていましたが、叔父が懸命に患者さんを治そうとする姿に触れて医学部進学を決めました。

しかし、高知医科大学(現・高知大学医学部)に入学すると、やはり音楽のない生活が物足りず、オーケストラ部に入部するとチェロの魅力に取りつかれてしまいました。1日8時間はチェロを弾き、月に1度は往復8時間かけて鳴門市のプロ演奏家のもとに通いレッスンを受ける日々。大学以外にも2つの市民オーケストラに入団し、まさにチェロ三昧の6年間でした。

循環器内科に入局し、肺高血圧症を専門に

医学部卒業後に循環器内科を選んだのは、内科でありながら、カテーテル治療などの手技が豊富で、外科的要素もある点が魅力的だったからです。九州大学循環器内科に入局すると、3年目からは下川宏明助教授(当時)のもと、肺高血圧症の研究に従事しました。下川先生からは、「循環器内科領域で治らない疾患が心不全と肺高血圧症。現在、肺高血圧症は特異的治療薬もない」といわれたのを覚えています。

研究を始めて間もなく、肺高血圧症の進展における分子機序としてRhoキナーゼの重要性を報告し、2002年にAHA(米国心臓協会)のBest Abstract Awardを受賞しました。それをきっかけに海外へ留学することになり、コロラド大学、ヴァージニア連邦大学、南アラバマ大学と異動しながらRhoキナーゼの研究を続けてきました。その研究のなかで、ヒトの肺の病理組織を再現した肺高血圧モデルラット(Su/Hx/Nxモデル)を開発し、Circulation誌のeditorが選ぶ過去3年間で最もインパクトのある論文30編の1つに選出されたのは喜びです。

尿酸を糸口に、肺高血圧症進展機序の解明を目指す

九州大学に戻ってからは、Rhoキナーゼによる肺血管過収縮に対しNO(内因性一酸化窒素)が抑制的に働くことを報告し、現在は過収縮を惹起する因子として尿酸に注目した研究を手がけています。

高尿酸血症はPAH(肺動脈性肺高血圧症)の予後不良因子であることが知られていますが、尿酸がPAHの病態生理に及ぼす直接的影響については解明されていません。われわれは、Su/Hx/Nxラットにウリカーゼ阻害薬を投与して高尿酸血症を合併させ、NO産生が阻害されて肺高血圧の病態が増悪する一方で、尿酸降下薬投与による抑制を認めました。

次のステップは、ヒトにおける高尿酸血症への介入による血行動態の変化をみることです。簡単な道のりではありませんが、ゴールはやはり患者さんを治すことですね。重症肺高血圧症患者さんを救う、新規治療戦略につながる成果を目指したいと思います。

新たなチャレンジの重要性

医学部、留学時代を振り返って、自ら選んだ道を信じて、努力を続けてきたことに満足しています。若い学生にアドバイスするなら、ぜひ多様な価値観・世界にチャレンジしてほしいですね。特に留学を通して厳しい環境に身を置くことは必ずや人生の糧となります。耐え抜き、解決する力が備われば、その後の医師人生も変わってくるはずです。

私自身のチャレンジはこれからも続きます。肺高血圧症から尿酸の世界に足を踏み入れ、異質な存在かもしれませんが、新しい風となって尿酸領域の発展に関わっていきたいと思います。

150年の歴史ある造り酒屋の後継ぎとして

私は父方、母方ともに医師の家系で、親族の多くが地元の鳥取県内で医師をしています。そのなかで母は明治5年創業の造り酒屋(大谷酒造)の5代目として、経営を切り盛りしており、長男の私はいずれ後を継ぐ予定で小中高は野球に熱中しました。高校時代には夏の全国高等学校野球選手権大会にも出場しました。いよいよ進学を考える時期になり、ものごとを突き詰める性格の私は研究職に憧れ、高知医科大学(現・高知大学医学部)へと進みました。

医学部時代は勉強だけではなく、学園祭の実行委員や国試対策委員を務めるなど、学業以外の活動にも広く取り組みました。国試対策委員では、試験直前からホテルに泊まりこみ、直前予想問題をコピーして6年生の部屋に配布したり、不足する筆記用備品を補充したりと大わらわでした。先輩たちが万全の態勢で試験に挑めるよう、全力を尽くしたのはよい思い出ですね。

循環器領域で研究をスタート

卒業後の研修は、心臓カテーテルが有名な獨協医科大学心血管・肺内科(現・心臓・血管内科)の金子昇教授(当時)にお世話になりました。3年目から大学院に進学し、研究に没頭できる環境となって嬉しかったですね。当時、薬の研究でネズミとばかり接していたため教授からは「君はネズミの医者になるのか」と揶揄され、「はい、そのつもりです」と即答したことを覚えています。4年目には英国のグラスゴー大学循環器医学研究所に留学し、心房細動治療薬K201(JTV519)の開発に従事しました。ラットの単離心筋細胞にカテコラミンを負荷して心筋細胞の障害を起こし、薬剤投与で是正する実験などを行い、帰国後は獨協医科大学に戻り、同様のテーマで博士号を取得しました。

尿酸トランスポーターの役割を研究

その後、尿酸は臨床的に生活習慣病と関連が深いだけでなく、抗酸化作用を有する点に興味を抱き、独自に研究を始めました。そんななか、獨協医科大学薬理学講座の安西尚彦教授(現・千葉大学大学院医学研究院薬理学 教授)に声をかけていただき、尿酸トランスポーターの研究を手がけることになりました。安西先生は尿酸トランスポーター領域の研究でご高名であり、「すばらしい先生に指導を受けると、こんなにもみえてくるものが違うのか」と痛感したものです。

その後、鳥取大学ゲノム再生医学講座の久留一郎教授(現・国立病院機構米子医療センター 病院長)の研究室に出向し、いまだ十分に機能が知られていないMCT(モノカルボン酸トランスポーター)9をテーマに研究に取り組みました。MCT9が心臓と血管で発現していることを確認し、Hsp70を介した翻訳語修飾により蛋白質の発現と機能を調節して尿酸の取り込みを制御する可能性をみいだしました。

尿酸研究で基礎と臨床の橋渡し役に

尿酸の興味深い点はいまだに役割がよくわかっていないことですね。尿酸は細胞外では抗酸化作用を発揮しても、ひとたび細胞内取り込まれると酸化ストレスを生み出します。つまり物質輸送が重要だと考えており、今後も尿酸トランスポーターの局在を含めて、輸送基質や生体内での役割を明らかにする研究を続けていきたいです。

留学中に手がけたK201の開発は治験の段階に進んでいます。現在、私自身これらの薬剤の開発に対し、基礎研究ではなく治験・臨床試験を行う立場として参加しています。基礎と臨床の橋渡し的な立場で経験を積み、ゆくゆくは尿酸領域、とりわけトランスポーターをターゲットとした創薬に貢献したいと思います。

実家の大谷酒造は全国品評会受賞の常連です。最近は大谷翔平選手のアメリカンリーグMVP選出を記念し、仕込み順17号の「純米大吟醸OHTANIラベル」を限定販売するなどチャレンジを続けており、私も負けられません。そういえば大学時代、ある先生から「お酒を飲ませるなら、お酒による病気を研究するのも面白いじゃないか」といわれたことがあります。気づけばその通りで、これからも尿酸の研究を続けたいと思っています。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症は、尿酸が体内に入る量と出る量のバランスがくずれ尿酸値が高くなる病態です。
尿酸塩結晶の蓄積は痛風発作を引き起こします。